ようこそゲストさん

国際ホルン協会は、グローバルなホルンコミュニティです。 私たちは多様性と運動耐容能を祝い、サポート、リソース、インスピレーションを提供するためにここにいます。 IHSの個々のメンバーによって表明された見解は、必ずしも社会全体の私たちの価値観や目的を反映しているわけではありません。

セルフガイドによる耳のトレーニングに役立ちます。

その他
4ヶ月1週間前 #1930 by ケビン・マッケンジー
相対的なピッチを改善したり、コード進行を認識したり、シャープ/フラットを識別したりするための助けを探しています。 あなたのエクササイズやリソースを教えてください。 ToneScholarを試してみました( トーン学者.com ) 興味があれば) 参考になったと思いますが、それは歌手向けのものであり、私の焦点では​​ありません。 ただし、他の耳トレーニング アプリの推奨ではなく、アドバイスやエクササイズを探しています。 ありがとう!

お困りの方は ログイン or してアカウントを作成 会話に参加します。

その他
4ヶ月1週間前 #1931 by ジェイコスタ
あなたの意図は、書かれた音楽の演奏を上達させることですか、それとも採譜、即興、作曲など、その他のことですか。

実際に楽譜を演奏する場合は、書かれた音符を実際に見ながら、それをアンブシュアで感じることに集中して、ゆっくり練習することをお勧めします。 書かれた音符を見るという「視覚的な手がかり」は、その音符を演奏するのに必要な「学習された条件反射」(運指、音像、アンブシュア、空気感など)を活性化する(はず)。

お困りの方は ログイン or してアカウントを作成 会話に参加します。

その他
2ヶ月3週間前 #1932 by ケビン・マッケンジー
Thanks! While navigating the ToneScholar app, I chanced upon an article that delves into functional ear training. Do you think this approach is as effective as the one you recommended? The article is accessible via this link: tonescholar.com/blog/functional-ear-training-explained .

お困りの方は ログイン or してアカウントを作成 会話に参加します。

ページを作成する時間:0.484秒
Powered by クネナ フォーラム