スザンヌランゴール


画像
ヘルマン・バウマン、トンポドール
バレンシア:太陽の光、ヤシの木、果てしなく続くビーチの場所。 興味深い文化と風味豊かな食べ物の場所。 いつも私の心の中で特別な場所を保持する場所。 バレンシアでの第36回IHSワークショップは私が決して忘れない一週間でした。 演奏の質の高さ、最先端の施設での多くの興味深いコンサート、そして友情が築かれたおかげで、次のワークショップまでの日数を数えることができました。 他の400人以上のホーンプレイヤーの周りでは、すでにみんなを知っているような気がして、新しい人と話すときに自己紹介を忘れることがよくありました。 ホーンプレーヤーは、私たち全員をXNUMXつの大きな家族にする共通の絆を共有しています。

もちろんコンサートはどんなワークショップのハイライトでもあります。 毎回のコンサートの後に言う私のお気に入りのフレーズは、「これが私が一週間中聞いた唯一のコンサートであったなら、それは訪れる価値があっただろう」でした。 私はすべての素晴らしいコンサートをリストしてコメントするわけではありません。そうするためには多くのページが必要になりますが、長い間私のリストの一番上に残るいくつかは次のとおりです。ヘルマンバウマンとのオープニングコンサート:私は非常に光栄に思いますグレートマスターの演奏を聞いたことがある。 フランクロイド:彼の安らぎと力。 ブルーノ・シュナイダー:彼の表現の深さと魅力的な個性。 エサ・タパニ:彼の紛れもない音楽性。 Miklos Nagy:楽器の彼の驚くべきコントロール。 アレグリーニ:彼の純粋な音。 アメリカンホーンカルテットとその素晴らしいステージプレゼンス。 ブダペストホルンカルテット。

また、ジョセフ・オグニベンとブルーノ・シュナイダーと一緒にレッスンを受けることができ、たくさんのことを学びました。 彼らは私が再びフルタイムの学生になりたいと思うインスピレーションのモデルでした。 ヘルマン・バウマンの指揮の下、最終日に大規模なホーン合唱団で演奏することも、別のインスピレーションでした。 その日は素晴らしい歴史がありました。

この信じられないほどの音楽イベントに参加することを許可してくれたJavierBonetに感謝します。このイベントは、豊かで満足のいく、忘れられない人間の経験でした。 さて、次回まで、練習室で忙しくしていることがたくさんあります。たくさんの素晴らしい録音を聴き、素晴らしい写真を見て、親愛なる友人と連絡を取り合い、バレンシアでの第36回ワークショップの思い出が大好きです。

スザンヌ・ランゴールはカナダのアルバータ州エドモントンでフリーランスでホーンを教えています。

このウェブサイトは、ログインステータスを含むユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。 このサイトを使用することにより、Cookieの使用に同意したことになります。
Ok